色々な矯正方法がありますが、それぞれにメリットデメリットがあります!郡山巻き爪矯正院

こんにちわ。郡山巻き爪矯正院です。



今日は色々な巻き爪矯正の方法がある中でメリット・デメリットは!?という事に触れていきたいと思います。



ワイヤー矯正・ツメフラ法・当院のスパンゲなどなど色々なものがあります。

今回は代表的なものと比較していきましょう!

なお以下の内容はお越し頂いた患者様からの生の声を抜粋しての内容となりますのでこの限りではありません。


※ちなみに「矯正」に関しては病院でも医療行為では無いため保険は適用外の治療となります。



よく、整形外科など病院で多い方法のひとつが「ワイヤー矯正」です。

爪の先端に二か所穴を開け、そこにワイヤー(針金)を通してワイヤーの力で矯正する方法ですね。

巻き爪矯正ワイヤー

こんな感じに先端にワイヤーが付きます。


メリットは

・主に医療機関で受ける事が出来るので安心という方もいらっしゃる事。

・病院通いのついでに受ける事が出来る(場所によっては要予約?)


デメリットは

・装着中は爪を切る事が出来ない(爪の先端に器具があるため)

・見た目も目立ってしまう

・ワイヤーが飛び出して引っかかってしまう事も






つづいて「ツメフラ法」

巻き爪矯正ツメフラ

こちらも金属ですが、太めのワイヤーを加工して引っかけて取り付けるようです。


メリットは

・引っかけて接着剤で固定するため取れにくい

・器具を爪に合わせて加工できる


デメリットは

・器具を無くすと器具作成費が再度かかる

・素足になると目立ってしまう






当院における「スパンゲ」巻き爪矯正

巻き爪矯正スパンゲ

特殊な樹脂プレートを貼り付け、プレートの反発力で矯正する方法


メリット

・器具装着しても目立たない(素足でも

・先端の爪が短い陥入爪などにも装着可

・矯正位置が基本的に制限が無いため、矯正器具を縦にも横にも装着可能で変形爪にも◎


デメリット

・爪の質によっては剥がれやすい方もいる



当院の施術だとデメリットが少なく、また巻き爪を専門としてやってきましたので

技術面でも安心して巻き爪矯正を受ける事が出来るとお約束出来ます!



今回触れたこれらの方法毎にメリット・デメリットがあります。

またこちらに挙げたものは一部ですのでご自身でよりお店に聞いたり、詳しく調べてみるのが一番です!

それぞれの特性をよく知ったうえでご自身にあった方法を実施していく事をオススメ致します。



爪の状態をまずは知りたい!という事であれば、当院では個別巻き爪無料相談会を実施しております。

ホームページにて詳細は掲載しておりますので、日程をご確認頂きお電話で予約頂ければと思います。






郡山巻き爪矯正院

http://f-makitume.com/

福島県郡山市桑野3-19-16 ヒルズ21・桑野1F

電話番号 024-973-7099 予約優先

営業時間 9:00~18:00

定休日 日・月・祝日 (個別無料相談会の日を除く)